院長紹介

ごあいさつ

院長

このたび豊田市竜神町で眼科医院を開業しました芦苅正幸です。

生後よりここ豊田市で育ちました。当時祖父、父は豊田市駅前で歯科医院を開いていました。今も父は三河豊田駅前で歯科医院を開業しています。

私は大学卒業後、全身管理を学ぶために消化器一般、乳腺外科を学びました。ここで5年間多くのがん患者さんと接して、人が根源的に持っている優しさと強さを見てきました。

その後、外科時代には学ぶことができなかった眼の病気を専門にしようと決意し、名古屋市立大学眼科に入局し、小椋祐一郎教授のもとで2年間研究と臨床を学びました。
その後、泰玄会病院、加茂病院、緑市民病院で白内障手術を学び、再び大学へ戻りました。
大学では臨床は網膜専門外来、未熟児小児外来を担当し、手術は白内障、硝子体、緑内障手術など執刀いたしました。また、脈絡膜新生血管の遺伝子治療についての研究を行ってきました。
4年間の大学病院勤務の後に、再び生まれ故郷の豊田厚生病院へ戻りました。

豊田厚生病院では、私が勤務した3年半で年間手術件数が約400件増え、昨年度は1000件を超えました。外来診療では、大学で診察していたような珍しい疾患(特に神経眼科疾患)を多数紹介していただき、忙しいながらも充実した毎日を過ごしてきました。
その一方で、眼科入局時からずっとやりたいと考えていたロービジョン外来を充実させたいとの思いが大きくなってきました。

当院では病気で悩んでいる患者さんやご家族の皆様が病気に関することや生活上の知恵などの情報を共有できるように、自由に使えるコミュニケーションルームを用意しました。
私は患者さんの思いを真摯に受け止め、一つの病気の治療についてあらゆる情報を提供し、選択肢を分かりやすく説明し、自由に選択していただくつもりです。
患者さんとご家族皆様に喜んでいただけるような医院作りにつとめます。
どうぞよろしくお願いします。

日本眼科学会専門医・指導医 院長 芦苅 正幸

院長プロフィール

昭和43年生まれ
昭和46年挙母ルーテル幼稚園入園
昭和49年豊田市立元城小学校入学
昭和56年東海中学校入学
昭和59年東海高校入学
昭和63年日本医科大学入学
平成6年日本医科大学卒業
同年日本医科大学 第一外科入局
平成11年名古屋市立大学病院 眼科学教室入局
平成13年泰玄会病院 眼科
平成15年愛知県厚生連 加茂病院眼科
平成17年名古屋市立緑市民病院 眼科医長
平成18年名古屋市立大学病院 眼科助教
平成22年JA愛知厚生連 豊田厚生病院 眼科部長
同年名古屋市立大学医学部臨床准教授
平成26年あしかり眼科 院長
現在に至る

学位・資格

平成11年日本外科学会 認定医
平成16年日本眼科学会 専門医
同年眼科PDT認定医
平成18年医学博士
平成21年視覚障害者用補装具適合判定医
平成22年日本眼科学会 指導医
平成23年臨床研修指導医

http://www.ashikariganka.com/

モバイルサイトはこちらのQRコードをご利用ください。

文字サイズ